本をめぐる関連記事まとめ~古書、書店、神保町、焚書

books

「本」をめぐる記事をまとめてみました。

本好きの楽園から、考えたくない未来の話まで。

目次

書物をめぐる断想

古典・名著の漫画化の功罪~「お手軽」な反知性主義

あの難しい古典も、長ったらしい名著も、マンガにしたらスラスラ読めちゃう!

でも、そんな都合のいい話あるんですかね?

西牟田靖『本で床は抜けるのか』~蔵書家の永遠の課題~

本好きの三大悪徳といえば、何でしょうか?抱え込むことが出来ないほどの蔵書を集めて満足感に浸る「貪欲」が、そのひとつですかね?

あ、それは美徳かもしれない。

焚書

愛書家にとっての最も呪われた言葉「焚書」。それは一体なぜ繰り返されるのでしょうか?

映画「華氏451」の影のメッセージ~書物は本当に「すべて」焼き払われているのか?~(感想・解説・考察)

愛書家にとってのディストピアを描いたレイ・ブラッドベリのSF小説『華氏451度』。その映画版を観ながら、そこに隠された「知識」を巡る問題を考えます。

NHK「100分de名著」のジレンマ~レイ・ブラッドべリ『華氏451度』回を追いながら (第3回放送を観て)【考察】

大人気教養番組 NHK「100分de名著」 。しかし、この番組は大きなジレンマを抱えていることに、お気付きでしょうか?

「読書」が終わるとき、「歴史」が後退するとき~レイ・ブラッドべリ『華氏451度』最終回(NHK「100分de名著」)【考察・感想】

「読書」という習慣が滅ぶ時、それは一体、歴史的に何を意味するのでしょうか?

本の為に殺される?~『図書館戦争』&『華氏451度』のあらすじと教訓?~

焚書といえば『華氏451度』ですが、その日本版とも言えるのが有川浩『図書館戦争』です。こちらの記事では、この両作品をご紹介しています。

本屋・書店という場

映画「ブックセラーズ」感想・雑感~本の「死」を巡っての悲観論と楽観論

ニューヨークの古書売買人・鑑定人を追ったドキュメンタリー映画です。読書好き必見!

優秀な本屋アルバイトは本好きとは限らない理由~書店の理想と現実~

とかく理想のイメージで語られる書店員。ですが、その実態は・・・

東京の大型書店おすすめ7選~書店業界の大艦巨砲主義

東京には一日いても飽きないような大型書店がいくつもあります。こちらの記事では、特にオススメの7店舗をご紹介!

ブックカフェはインテリアショップ?~乱立の行きつく先、あるいは“読書の敵”~

お洒落な本屋さんが増えています。カフェの併設はスタンダードになりつつありますね。これで、読書人口も一気に盛り返し、・・・あれ?

神保町古書店街(神田古本屋街)

世界最大の古書店街である東京「神田神保町」。読書家にとっての楽園、文字通り酒池肉林の夢の国に関しての、関連記事を集めました。

神田古本まつり(神保町)見どころと2019年日程&必勝法!(古書店街)

古本屋街最大のイベントと言えばコレ!

神保町カレー戦争!おすすめ3店「ガヴィアル」「ボンディ」「共栄堂」をご紹介

神保町は「カレーの街」でもあります。様々なカレーライス専門店がしのぎを削る「神保町カレー戦争」から、強豪店3店舗のご紹介です。

【神保町】境界線上の喫茶店~眞踏珈琲店

神保町は「喫茶店の街」でもありますね。コーヒーの香りと共に買った本を開く楽しみ。