神保町、2022年春~コロナ禍で変わりゆく神保町

2022年3月末某日

桜の満開の頃、久しぶりに神保町・古書店街を散策しました。

新型コロナウィルス禍も早2年。内外に様々な「変化」をもたらすこのパンデミックから、世界一の古書店街も無縁ではありません。

あれ?シャッターのお店多いな

ド平日に神保町詣でしたのですが、まずは違和感。

あれ、なんかシャッター多くない?

いつものルート(靖国通り沿い)を歩いていると、神保町を代表する2軒の老舗古書店がシャッター!

なんと、田村書店さんがお休み!

close

え、マジか・・・。月~木曜日まで店休?平日組としては痛恨の事態。店頭の特価コーナー漁りが・・・。

お隣の小宮山書店さんも定休日・・・。

兵どもが夢の後

泣く泣く、書泉本店(書泉グランデ)へ。

こちら、2021年11月、リニューアルしたのです。

が、・・・グランデ自慢のミリタリーコーナーが、縮小!!

軍事関連書籍の新刊といえばココ!とさえ言われた書泉グランデのミリタリーコーナーが、おそらく往時の半分にまで縮小していました・・・。

神保町グルメの退潮

神保町と言えば、神保町グルメ。カレーライスは言う間でもなく、天丼、ラーメン、スパゲティetc.

安価でボリューミーな、ここだけの味が楽しめる街!

そんな食の街にも、暗い影を落とすコロナ禍

個人的なショックは、餃子の名店「スヰートポーヅ」

close

お店が未だにそのままなのが、余計につらい・・・

日本の映画文化の前衛も・・・

岩波ホール閉館もショックです。7月には閉館です。日本、大丈夫か?

signboard

既に。名物大看板も取り外し

私事ですが、岩波ホールで、唯一、チケットを買いながら、満席で観られなかった映画が、「ハンナ・アーレント」(日本公開2013年)でしたね。

え?アレントなんて、そんな人気あるっけ?面喰った記憶が懐かしい・・・。

「三省堂書店」最後の日(間もなく)

コロナとは直接関係ありませんが、神保町の最近のビッグニュースは、上記の岩波ホール閉館と、三省堂書店神保町本店の閉店ではないでしょうか。5月閉店です。

とはいえ、あくまで建て替えの為の閉店ですので、数年後には装いも新たな威容を見せてくれるはずです。

とはいえ、昭和末期から平成と共にあった現本店ビルの「最期」というのは、寂しいものがり、店内外を散策。

close

おー、仮店舗はあるんですね!

close

「神保町いちのいち」は、完全閉店・・・

眺めているだけで愉しい様々な雑貨が並ぶお店でしたが、残念至極。

しかし、この「眺めているだけで愉しい」が曲者なんですよね。観て満足して、購入に繋がらないというのが一番大きなネックな気がします。

ちなみに、以前にこちらで買ったのが、こちら↓

bookmark

はて、三省堂古書館は新店に移るかしら?

個人的には、本店屋上の塔屋看板「辞書はコンサイス」は移築してほしい・・・

book store

心配や不安が増すばかりの神保町逍遥でした・・・。