神保町カレー戦争!おすすめ3店「ガヴィアル」「ボンディ」「共栄堂」をご紹介

神保町古書店街。

まあ、神田古書店街ともいいますが、JR神田駅とは全然違う場所にあるので、初めて行くときは要注意です!

さて、そんな古本の街、神保町はカレーライスの街でもあります。

有名店が街のあちこちに古書店に混じって軒を構えています。

一説によると、カレーライスは、片手で本を読みながら食べることができるので、神保町がカレーの街になったそうです。なるほど~。

cafe

・・・て、そんな訳あるか!

あのね、カレーのルーが万が一、大事な本に跳ねたりしたらどうすんの!

おまけに、本にカレーの香辛料の匂いがついたりするじゃない!

カレー屋さんで読書なんかしないわよ!!

angry man

まあ、それはさておき。

カレー屋さんで読書はしませんが、神保町に行ったら、必ずカレーを食べている管理人がおすすめする3店をご紹介します。

ちなみに、ビーフカレー大好きです。

『欧風カレー ガヴィアル』デートにもってこい!

岩波ホールなどがある神保町の中心ともいうべき神保町交差点にある名店。

ビルの2階にあって、内装は、木目の入った落ち着いた感じ。

ランチもありますが、僕がいつも頼むのはビーフカレー(1500円)。

ほんのり甘いルー。ライスにはチーズがまぶしてあり、とても香ばしい。

ジャガイモがバターとともに供され、こちらもほくほくで美味!

Curry and rice

また、こちらのお店は落ち着いた感じと、窓から神保町交差点が見渡せるので、ゆっくりお食事したい時にはうってつけ!(デートとか)。

但し、繁忙時間帯は除きますが・・・。

お店の食べログはこちら。

『欧風カレー ボンディ神保町本店』本の迷宮にある隠れ家的名店

古書店街のシンボルといったら幾つか思いつきますが、やはり神田古書センターは外せないでしょう。

そんな、書店ひしめくビルの二階にありますのが、ボンディ。

やはりここでもビーフカレー(1480円)。

こちらも、ライスにはチーズがまぶしてあり、とても香ばしい。やはり、ほくほくジャガイモがついてきて美味!

Curry and rice

こう書くと、ガヴィアルと同じになってしまいますが(同じ欧風カレーなので)、明らかに味は違います!甲乙付け難し。

この2店は、まさに欧風カレー頂上決戦の感があります。

あとは個々人の味の好みになりそうです。

また、こちらのお店は、入口の場所がわかり難い。

神田古書センターの正面から普通にエレベーターで2階に行っても、辿り着かない(!)ので、ビル裏手から入ってください。

そんな隠れ家的なお店の中は、赤を基調とした昭和レトロでアンティーク調の雰囲気ですね。

お店の食べログはこちら。

『スマトラカレー共栄堂』回転が速い!

はい!欧風カレーから一転、謎のスマトラカレーのお店のご紹介です。

実は、管理人はこの三店舗で一番多く来店しているのがこちらのお店!

螺旋階段を地下に降りたところにあるお店です。

まず、出されるのがコーンスープ。

これがまた濃厚でおいしい!って、二口位すすっている間に、あっという間にビーフカレー(1300円)登場!早い!!

Curry and rice

こちらのお店、ビーフやポーク、更にはエビや牛タン(!)のカレーもあり、すべてルーが違うんです。

欧風カレーとは違う、かなりオリジナリティある味、病みつきになります!

また、季節限定の焼きリンゴもおススメです!

なお、こちらのお店、とにかく早い!回転も速い!なので、パッと食べて、パッとお会計が暗黙の掟(混雑時はお子様ご遠慮くださいの注意書きも)。

あと、ライス大盛なら、カレールーも大盛で頼まないとライスが残っちゃいますよ~。

お店の食べログはこちら。

カレー戦争三国志

いかがだったでしょうか?

管理人はこの3店をグルグル回って気づけば20年たっていたという、浦島太郎状態です。

神保町おそるべし。

どのお店も超有名人気店ですので、ランチタイムは外して訪れることを強く推奨します!

line up