今は「平成時代」からの「令和時代」?

2019年5月1日から元号が「令和」になりましたね。

そのせいか、最近、「平成時代」「令和時代」といった表現を目にします。

なんか、すごい違和感があります。

●●時代というのは、まあ、後世の史家がつけることになるんですが、今、現在を生きている我々が、自分たちの時代を突き放して●●時代とは呼べません。

平成も令和も、単に元号なので、それが、時代の名称にはならないでしょう。

時代の名称(時代の括り方)は、政治体制や社会体制から定義されるんじゃないかな。

その体制の継続期間を表している。

江戸時代は、江戸幕府の幕藩体制が由来だし、室町時代は室町幕府。

すると、江戸時代の後は、明治以降は、どうなるかというと・・・

「帝政日本」

・・・これしかなくないですかね。

大日本帝国だったんだから・・・(なんか帝政フランスみたいで、凄いな)。

じゃあ、いま、現在。

終戦後は、どうなるかというと・・・

「戦後民主主義期」ですかね。

「戦後民主主義」て、ひとつのイデオロギーみたいなもんですから。

後世、一体、なんと称されるんでしょうか?

コラムの最新記事4件