ふるさと納税は開戦事由になるか?~筒井康隆『東海道戦争』~

Tokaido shinkansen and Mt.Fuji

ふるさと納税、揉めてますね。

この問題、都市部からの税収の流出、自治体同士の返礼品合戦、国全体の税収減やら、なにかと争点があるんですが・・・。

大都市対地方の構図がはっきり露呈している問題ですよね。

これを見ていて連想するのが、

筒井康隆の『東海道戦争』。なつかしい。

あらすじ

ある日、関西の自宅で朝起きると、世情は一変していた。

大阪と東京が開戦したのだ。

自衛隊や警察が2つに分裂し、東京側の自衛隊が東海道を大阪に「侵攻」してくる。

老若男女問わず戦争準備。市民軍が編成され、小学生は土嚢を積み、婦人会は炊き出しの準備、若者はライフル背負って映画俳優の真似をする・・・。

ひとつの目的を把握した上での、気持ちのいい混乱がそこにはあった。あきらかにここでは、労働が楽しまれ、命令することされることが喜ばれ、事態の切迫が面白がられていた。市民も軍人も、すべてが英雄きどりであった。

『東海道戦争』中公文庫、1994年、41頁

皆、戦争という「お祭り」を楽しんでしまっている。

東海道戦争の開戦事由は作中でこんな形で話されます。

「怒鳴るなよ。つまり。そういう期待があったからだ。戦争という事件への期待、そして、そういう事件を起こすことの出来る、自分たちへの期待だ」

『東海道戦争』中公文庫、1994年、26頁

筒井康隆らしいアイロニックなお話です。

さて、そんな中で、ある場面が描かれています。

大阪にいる主人公は、曽根崎警察署の前で、警察署長のプロパガンダ演説を聞きます。

「マスコミに毒された・・・中央意識・・・地方人共通の敵であり・・・日本の・・・対外的威信ひいては国家的信頼感を失墜」

『東海道戦争』中公文庫、1994年、23頁

大阪は日本第二の都市ですが、ここでは、地方の代表みたいな感じです。

すると、東海道戦争は、東京対地方、という様相を呈します。

しかし、本作のような東京対地方という構図であれば、あの警察署長のアジテーションは、核心を突いているのではないでしょうか。

ふるさと納税は開戦事由になるか?

ふるさと納税で地方自治体と総務省が揉めていますが、その根底には、地方と中央(東京)の意識・無意識化での対立が見て取れないでしょうか?

東京一極集中は地方にとっては脅威以外の何物でもありません。

ストローのように人口(特に若年人口)は吸い上げていくわ、何でも東京中心(資本、文化、情報、学術)。

それを是正(?)するかもしれないふるさと納税を政府やマスコミ(つまり東京)が、寄ってたかって規制してくる・・・。

いつか、地方の恨みと怒りが爆発して、東海道戦争開戦。

・・・完全に妄想ですが、まあ、ボストン茶会事件なんてこともあったので。

日本内戦の可能性はあるのか?と問われると、そりゃないでしょ。SFや架空戦記のお話だ。と答えたいところですが、その芽というのは意外と転がっているなあ、と思った次第です。

↓「東京論」と「内戦」といえばこの人