SEARCH

「哲学」の検索結果12件

  • 2020年1月11日
  • 2020年1月12日

哲学カフェは反知性主義の砦となるか

最近、流行(?)の哲学カフェですが、実は、この活動は、その「哲学」という名称とは裏腹に「反知性主義」的な傾向が潜んでいるのではないかと、疑うようになってきました。 反知性主義とは何か? そもそも反知性主義と何なのかがはっきりしていませんと、お話が進み […]

  • 2019年12月29日
  • 2019年12月31日

「機動警察パトレイバー2 the Movie」の政治哲学 連載③ ~「戦後」のその後~「日本」の退場あるいは解体としての「攻殻機動隊」「雷轟」

連載①はこちらです。 →「機動警察パトレイバー2 the Movie」の政治哲学 連載① ~押井守と「戦後」、前史としての『犬狼伝説』~ 連載②はこちらです。 →「機動警察パトレイバー2 the Movie」の政治哲学 連載② ~「戦後」を終わらせる […]

  • 2019年12月28日
  • 2020年1月9日

『2人のローマ教皇』実話に基づく映画~プラトンとダモクレスの剣~

映画「2人のローマ教皇」 【監督:フェルナンド・メイレス、2019年、英米伊亜合作、125分】 あらすじ 2005年。 ローマ教皇ヨハネ・パウロ二世の崩御に伴うコンクラーベ(教皇選出選挙)で、ドイツ出身で保守派のヨーゼフ・ラッツィンガー枢機卿(アンソ […]

  • 2019年12月16日
  • 2019年12月24日

「小松左京展~D計画」行ってきました!

東京の世田谷文学館で、「小松左京展~D計画」という、SFファンには垂涎の催しが開催されており、さっそく行ってきました! アクセス:芦花公園駅すぐ! 京王線の芦花公園駅南口を降りて、右方向。 この道を歩いて10分くらいで左手に建物が見えてきます。 会場 […]

  • 2019年11月13日
  • 2019年11月17日

細谷功『具体と抽象』~哲学は簡単なことを難しく考えているのか?~

哲学をやっていると(実は、この言い方自体がかなり嫌なのだが・・・)、かなりの確率で言われることがあります。(面と向かってでも、そうじゃなくても) それは、「哲学は、簡単なことを難しく考えている」という趣旨の感想というか、ご批判です。 これ、もう耳にた […]

  • 2019年10月6日
  • 2019年10月12日

哲学の入門書,おすすめ5選

「哲学ってなんだろう?」 と、誰でも一度は思うことがあるんじゃないでしょうか? そこで一念発起、書店の本棚で、『●分でわかる哲学』とか『●●の哲学が誰でもわかる』みたいな本を手に取り、ページを開けば、専門用語の解説だったりで、なにも面白くはない・・・ […]

  • 2019年10月1日
  • 2019年10月6日

神田古本まつり(神保町)2019年日程&必勝法!

毎年10月末から11月初旬にかけて1週間以上行われる「東京名物 神田古本まつり」。 本好きの、本好きによる、本好きの為の祭典です! 今回は、この神田古本祭りに初めて行く方のために書いてみました。 いざ、冒険の旅へ!(ドラクエの音楽が鳴っています) 2 […]

  • 2019年9月21日
  • 2019年9月21日

「道徳」の科目化を嗤う~教育の目的とは何か~

「教育」とは何なのか? 「道徳」が科目となることで喧々諤々の大論争が続いています。 おそらく「道徳」が教科になることで、社会道徳とか愛国心とか、そういった「政治」的な匂いがするからの拒否反応ではないでしょうか。 そもそも、教育、わけても「学校教育」の […]

  • 2019年9月18日
  • 2019年12月31日

「機動警察パトレイバー2 the Movie」の政治哲学 連載② ~「戦後」を終わらせる為の、たったひとつの冴えたやりかた~

連載①はこちらです。 →「機動警察パトレイバー2 the Movie」の政治哲学 連載① ~押井守と「戦後」、前史としての『犬狼伝説』~ 2つの虚構の戦後史 では、『犬狼伝説』では、「政治」の何が清算されていないのか? それは、『犬狼伝説』の世界は、 […]

  • 2019年7月31日
  • 2020年1月12日

哲学カフェの目的とは?~存在価値を論語から考える~

哲学カフェが流行っているそうです。 もともとフランスで生まれたもので、アカデミズムではない、市井の人たちが、「哲学する」場ですね。 悪いことではないのですが、手放しに喜べるかどうかを、ちょっと考えてみましょう。 考えるヒントは、孔子の『論語』 子曰く […]